歯科医療関係者の方へ(セミナー情報)

北欧歯科では、科学的根拠に基づいた予防、歯周治療、インプラント治療(インプラントのメインテナンス、インプラント周囲炎の治療)を九州、福岡の歯科衛生士、歯科医師の皆さんに学び、診療室で実践していただくため、多くのセミナーを企画中です。

イエテボリ大学歯周病専門医課程修了、ヨーロッパ歯周病学会認定歯周病インプラント専門医、現ITIスカラーの加藤雄大がメインディレクターを務め、一般にスカンジナビアンアプローチと呼ばれる論理的で全人的、かつ科学的根拠に基づいた北欧の歯科医療の考え方をベースにセミナーは行われます。

現在募集中のセミナー

主たるセミナー講師

加藤雄大
歯科医師、ヨーロッパ歯周病学会認定歯周病インプラント専門医、元イエテボリ大学歯学部歯周病科在籍、現香港大学ITIスカラー
加藤大明
歯科医師、元日吉歯科診療所勤務

現在募集を開始しているセミナーは下記のセミナーです

Pre OPセミナー(若い歯科医師のためのOral Physicianセミナー)福岡

本セミナーは熊谷崇先生が主宰されるオーラルフィジシャンセミナーとの提携セミナーです。

http://www.hiyoshi-oral-health-center.org/2018年-新年のごあいさつ/

(ページ中ほど、オーラルフィジシャンセミナーの項をご覧ください。)

治療中心と評されてきた日本の歯科医療の現場において、40年前から山形県酒田市の日吉歯科診療所で熊谷崇先生、熊谷ふじ子先生がおこなってきた、う蝕と歯周病の病因論に立脚したグローバルスタンダードな歯科医療のあり方(一般には予防的、メインテナンスを重視とも言われます)の基本(考え方、臨床の実際、ディスカッション)をお伝えします。

実際に日吉歯科で勤務した歯科医師(成人担当、小児担当)、熊谷先生の教えにより海外留学し専門医資格を取得した歯科医師および、オーラルフィジシャンセミナーに参加し、その考え方に沿って歯科医院を成長発展させている歯科医師によるセミナーです。

(セミナーの内容は、日吉歯科診療状で行われている「若い歯科医師のためのOral Physicianセミナー」に準じた内容です。)

セミナー概要

開催日
2018年07月15日(日曜日): 募集は終了いたしました
2019年02月03日(日曜日)
場所
デンツプライシロナ福岡支店様内セミナールーム(天神クリスタルビル12F)
参加費用
無料
募集人員
20人

タイムスケジュール

9:30
開場
10:00-13:00
  • 歯科医療に必要な変革とは(加藤大明)45分
  • その方法(加藤大明)45分
  • 0歳-20歳までの成長期の歯科医療(加藤有美)45分
14:00-17:00
  • 予防型診療所の成長と発展(芳賀)45分
  • 専門医との連携(スウェーデンの事例)(加藤雄大)45分
  • 質疑応答45分(希望者は懇親会にてディスカッションを継続します。)

対象

変革の意思のある(心持ちの)若い歯科医師(勤務医)、歯科衛生士、学生

本セミナーの講師

加藤大明、加藤雄大、加藤有美(以上、北欧歯科)、芳賀剛(芳賀歯科矯正歯科クリニック)

※フォームへの1回の入力につき、1名様のお申し込みとなります。 複数人数でお申し込みの方は、フォームへの入力を複数回お願いします。

予防、メインテナンス、保存修復文献アップデート(論文抄読会)

本セミナーは北欧歯科の歯科医師らが日常行っている論文(主に英論文)による、臨床知識のアップデートを公開にて行うものです。

予防、メインテナンス、保存修復、(9月からは隔月で歯周病、インプラント)に関する分野から毎月トピックを決めて、最新の臨床研究を中心に(最低)二本程度抄読します。(2018年は)加藤がスライドを用いて選択された論文の概要を説明し、文献に示されている知識を共有した上で、ディスカッション行います。

※エンド分野は(米国歯内療法専門医松浦顯先生主宰)まつうら歯内療法研修会のCurrent lit review courseへのご参加をお勧めします。http://endodontics-matsuura.org

セミナー概要

開催日
原則として毎月最終木曜日
時間
19:30-21:30頃
場所
博多駅前会議室(お申し込み後にご案内いたします。)
参加費用
2018年は無料(2019年以降は未定)
募集人員
10人
対象
(英論文を読む意思のある)歯科医師

お申し込み

インプラント周囲炎・臨床ベーシックセミナー

インプラント発祥の地、スウェーデンではインプラントが多くの患者さんに義歯を超える噛む喜びを享受している一方、インプラントが埋入されている患者の28%がインプラント周囲骨に欠損を認めることなどが問題になっています。実際、イエテボリ大学歯学部付属病院の歯周病科に訪れる患者の1割程度がインプラント周囲炎の患者さんでした。残念ながら日本の歯科臨床の現場では、インプラント周囲炎についての認知度が低く、適切な診査、治療の以前に、疾患が疾患として認識されていない状況を散見します。またインプラント治療を行っていない歯科医院に初診で訪れた患者さんの口腔内にインプラントが入っていた場合に、インプラントをどう取り扱っていいのか苦労されている先生が多いということもうかがっています。

今回の一日コースでは、インプラントが埋入された患者さんが初診でいらした際、インプラントについてどう評価し、健全であった場合にはどうメインテナンスをするか、万が一インプラント周囲炎を発症していた場合どう治療するのか、天然歯における歯周炎と比較しながら、エッセンスについてお話をさせていただく予定です。

セミナーに参加いただくことで、インプラント治療の経験がない(あるいは経験の少ない)先生の医院にインプラントが入った患者が来院しても、グローバルスタンダードな方法でマネジメントしていただけるだけの知識を習得していただくことを目的としています。

セミナー概要

開催日時間
2018年12月16日(日) 9:30開場、10:00-17:30頃
2019年3月17日(日) 9:30開場、10:00-17:30頃
(※両日とも同一内容です。ご都合の良い日程でご参加ください。)
場所
博多or天神会議室(決定次第お知らせいたします。)
参加費用
32400円

講師

加藤雄大(ヨーロッパ歯周病&インプラント専門医・イエテボリ大学歯学部歯周病科専門医過程卒、北欧歯科)

http://www.hokuohshika.com/staff/

※コーディネーター:加藤大明(北欧歯科)

内容

  1. 歯周炎とインプラント周囲炎の違い(歯肉炎とインプラント粘膜炎の違い)
  2. 診断方法(健全なインプラントとそうでないインプラントの診査の方法、使用器具)
  3. インプラント粘膜炎と診断した場合の治療方法(患者、歯科衛生士、歯科医師の治療における役割)
  4. インプラント周囲炎と診断した場合の治療方法(患者、歯科衛生士、歯科医師、歯周専門医の治療における役割)
  5. インプラントのメインテナンス

お申し込み

  1. お名前
  2. 所属(医院、大学)
  3. 所属先の住所
  4. 連絡先電話番号
  5. 連絡先メールアドレス
  6. 参加のきっかけ

をご記入の上、下記メールアドレスまでお送りいただいた後、講習費用のお振込をもちまして、お申し込み完了とさせていただきます。

info@hokuohshika.com

お振込先

  • 西日本シティ銀行三萩野支店(店番号032)総合口座3065752
  • 医療法人カトー歯科医院理事長加藤守夫
  • イ)カトーシカイインリジチョウカトウモリオ

ご宿泊手配

福岡市は慢性的なホテル不足で週末は大型ライブなどと重なるとホテルの確保が大変困難になります。現在、当院の主催するセミナーにおいては西鉄旅行様にホテル手配をお願いしています。ホテル宿泊と合わせて交通の手配も対応していただけますので、ご希望の方は、

  • 福岡着日
  • 福岡発日
  • 医院名
  • 代表者
  • tel
  • fax
  • email;
  • 宿泊者名(代表者含む)

について、西鉄旅行小島さまあてにお送りください。

kensuke_kojima@travel.nnr.co.jp