北欧歯科の特徴

北欧歯科の特徴は、北欧のトップレベルの大学(イエテボリ大学)に留学し、現地にて歯周病治療、インプラント治療を行ってきた歯科医師や、北欧発のむし歯学(カリオロジー)、予防メインテナンス(定期検診)を日本の第一人者から学んだ歯科医師らにより、「一生自分の歯で食べるための北欧の予防」や「歯に優しい北欧の治療」を、科学的な根拠に基づいて、現地と同レベルで提供できることです。

「削る、つめる」中心の歯科医療で治療偏重と評されることもある日本の歯科医療に対し、北欧諸国の歯科医療は「自分の歯を大切にする。」ということを最も尊重し、長年、臨床、研究が積み重ねられてきました。その結果、キシリトール、フッ素入り歯磨き粉、歯間ブラシ、インプラントに代表される、現在の歯科医療で欠くことのできない知識や技術が北欧で研究、開発、応用されてきました。歯周病学においても、世界で行われている歯周病治療の基本的な考え方、方法の多くは北欧諸国で発展し、その中でも、当院の加藤雄大歯科医師が専門医資格を取得したイエテボリ大学歯学部はその中心となる教育、研究、臨床機関で、世界中の歯科医師でその名を知らぬものはありません。

また当院は、テレビ番組「プロフェショナル仕事の流儀」や「カンブリア宮殿」などを通じて、一般の方にも名が知れている熊谷崇歯科医師の日吉歯科診療所で勤務、研修を行った歯科医師による西日本で唯一の歯科医院です。治療偏重と評されることもある日本の歯科医療の現場に、北欧のカリオロジー(むし歯学)などを応用し、「一生自分の歯で食べるための歯科医療」を実現、普及してきたのが、私たちの師、熊谷崇先生、熊谷ふじ子先生です。すでにむし歯や歯周病で悩まれている大人の患者さんに対しても、まだむし歯もない乳歯だけのお子さんに対しても、それぞれ、経験や知識の豊富な歯科医師が担当します(成人担当歯科医師1名、小児担当歯科医師1名、歯周病インプラント担当歯科医師1名)。

いま、むし歯や歯周病で悩まれている方、幸いにそうでない方も、「生涯自分の歯で食べる喜びと安心を享受したい!」と願望のある方は、みな私たちの患者さんです。