投稿者「hokuoh_admin」のアーカイブ

10/26(土)第62回日本歯周病学会にて当院の歯科衛生士がポスター発表いたしました。

10/26(土)、北九州市にて開催された第62回日本歯周病学会にて、当院の竹松歯科衛生士が「厳密な歯間清掃を含む歯周基本治療により改善した限局型重度慢性歯周炎の一症例とその治療反応性」と題し、ポスター発表を行いました。

【はじめに】限局型重度慢性⻭周炎の患者に対し,⻭間部の清掃に特に気をつけ,⻭周基本治療を 行なった症例を報告する。また,2007年のTomasiらの論文の結果を参照し,⻭周基本治療の効果 について考察する。
50代、男性、主訴:歯茎から出血がある。 【診査・検査所見】PCR 49%(⻭間部のプラークコントロール不良)BOP 35.9% PPD≧4mm 12.8%
全ての第一大臼⻭に⻭根⻑の1/2以上の⻭槽骨の吸収を認める。
【治療計画】1⻭周基本治療 2再評価 3修復治療 4SPT 【治療経過】口腔内写真とX線写真を用いて,⻭周炎の状態を説明。⻭間部の清掃に焦点を絞っ て,口腔衛生指導を行なった。⻭周基本治療終了後,再評価時のPCRは15.4%になり,⻭周組織の 改善が認められた。残存ポケットが認められた部位には外科処置を行ない,SPTへと移行した。 【考察・まとめ】患者は自身の⻭周炎の状態を認識していなかったが,口腔内写真,X線写真,⻭ 周組織検査結果の説明を通して,現状を認識し,能動的に⻭周治療に取り組んだ。口腔衛生指導を ⻭間部に絞り込むことで,これまで⻭間清掃の習慣が全くなかった状態からの習慣化を容易にでき た。Tomasiらの論文では,非喫煙者において,初診時にプラーク付着がある複根⻭の5~9mmの⻭ 周ポケットが,⻭周基本治療後に4mm以下になる可能性を,それぞれ81‚ 57‚ 30‚ 12‚ 4%として いる。今回,この論文の結果と同等以上の結果が出たことは,複根⻭にもかかわらず,分岐部病変 がなかったことと,患者が⻭間部の清掃を徹底できたことにあると考える。 

デンタルハイジーン誌にスウェーデンのガイドラインについて執筆いたしました。

当院のスウェーデン歯周病専門医の加藤雄大歯科医師が、歯科衛生士向け総合誌「デンタルハイジーン」に「スウェーデンのガイドラインに学ぶ! エビデンス見きわめ力向上委員会」と題し、スウェーデンの歯周病ガイドラインについて解説しました。「最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会」理事長の西真紀子先生との共著です。

【世のなかで「よい」といわれているものは数あれど,その「よい」の正しさ,重さについてはあまり考えられないまま,多くの疑わしい情報が選択されているように感じます.そんな時代だからこそ医療の現場では,より確実で再現性のある情報が求められています.そこで本特集では,世に溢れる情報に惑わされることなく,総合的な観点でエビデンスに重みをつけながら,患者さんにとって何が最良なのかを見きわめ,知識を更新しつづける際の『情報を選択する力を養う』ポイントをまとめてみました.ぜひ臨床にお役立てください。(デンタルハイジーン誌より)】。

10/27(日)@大阪にて、加藤大明歯科医師が講演を行いました。

10/27(日)@大阪、加藤大明歯科医師が「『歯を守る』時代の診療所づくり ~引き算のう蝕予防~」と題して講演を行いました。

患者さんの歯を長く守っていくための、いわば「結果を出すメインテナンス」のための大事なポイントについて、歯科医師、歯科衛生士の皆様にお話をいたしました。

同内容を、今後、11/14名古屋、11/17岡山、11/21静岡にて講演予定です。ご参加をご希望の方は、チラシに記載のディーラーさんよりお申し込みください。

10/17(木)第20回「北欧歯科の抄読会」を博多駅前会議室にて開催しました。これは当院が定期的に開催している院内抄読会を参加をご希望された歯科医師、歯科衛生士の方向けに公開で行っているものです。

ペリオについては、インプラントの形態およびクラウン部分の形態がインプラント周囲炎と呼ばれるインプラントの歯周病の発症にどうのように関係するのか、というテーマに関する研究論文を加藤雄大スウェーデン歯周病インプラント専門医が解説しました。

う蝕・予防分野についてはフッ化物の局所応用(うがい薬)について関連する論文を加藤大明歯科医師が解説しました。現在、OTCでもフッ素入り洗口液が複数販売されていて、どう患者さんにオススメして良いかわからないという声もいただきますので、その点も含めてお話いたしました。次回も第二弾として同じテーマ取り上げる予定です。

次回の開催は11/28木曜日です。オンライン、現地参加とも11月スタートの方を募集していますので、ご希望の方は下記チラシをご参照の上、メールにてお申し込みください。

 

10/5(土)加藤大明歯科医師が熊谷崇先生主催の予防歯科の学会にてシンポジウムに登壇しました。

10/5(土)山形県酒田市の希望ホールにて行われた、熊谷崇先生(山形県酒田市、医療法人社団日吉歯科診療所理事長)主宰の予防歯科に関する大規模な学会において、加藤大明歯科医師が「Compression of morbidity:歯科における私たちの取り組み」と題して、歯科医療における健康寿命の延伸の取り組みについてお話をさせていただくとともに、その後のディスカッションに登壇しました。これは「人口減少・少子高齢化社会における歯科診療所の役割・取り組み」というタイトルのシンポジウムとして開催されたものです。

9/23(月・祭)、北九州国際会議場で行われた九州口腔衛生学会(予防歯科の学会)にて、当院の加藤大明歯科医師が講演を行いました。

口腔衛生学会の会員である大学関係者、歯科医師、歯科衛生士を対象に60分間お話をさせていただきました。

予防歯科臨床の代表的な論文など、複数の臨床研究を紐解きながら、「予防の質」を高めるための方法について考察し、症例と合わせてレビューを行いました。

9/19(木)第20回「北欧歯科の抄読会」を行いました。

9/19木曜日、博多駅まえ会議室にてオンライン参加の歯科医を合わせると30名程度の歯科医師が参加のもと、「北欧歯科の抄読会」を行いました。この抄読会は北欧歯科の歯科医師が若手歯科医師を対象に、主に歯周病学、う蝕学(カリオリロジー)、予防歯科学の臨床に直結した論文を解説するというセミナーです。

今回はカリオロジーについては「ホームケアとう蝕」の関係に関するシステマティクレビューを抄読、加藤大明歯科医師が解説しました。

歯周病学分野については、インプラントの埋入位置がインプラント粘膜炎(インプラントの歯肉炎)に及ぼす影響についてのRCTをを抄読、加藤雄大スウェーデン歯周・インプラント専門医が解説しました。

10月からは、現地参加と合わせて正式にオンライン参加が可能となりました。これまで山形、栃木、東京、愛知、徳島、広島、北九州からオンラインにてご参加いただいていますが、皆様から「臨場感があった、学習しやすかった、参加した甲斐があった」といった感想をいただいています。

詳細は下記チラシをご覧ください。

9/1日曜日、博多駅前会議室にて、「歯科医院1Day
 DHレベルアップセミナー ~結果の出る、歯周基本治療編~」を行いました。講師はスウェーデン歯周病&インプラント専門医の加藤雄大が、コーディネーターを北欧歯科院長の加藤大明が務めました。

スカンジナビアプローチと呼ばれるスウェーデンを中心とした北欧諸国で行われている歯科医療の考え方や、最新のエビデンスに基づけば、初期-中等度の歯周病の治療や予防は非常にシンプルな手法で行うことができ、特殊な技術や道具が必要なわけではありません(もちろん訓練された技術を否定するものでもありませんし、道具はより手技を簡単にしてくれます)。

そういった基本的な現代の歯周治療の考え方、取り組み方法をおよそ30名前後の歯科衛生士、歯科医師に1日かけて解説しました。多くの参加者から、「頭が整理された」「うちの医院のペリオを見直す機会となった」「歯周治療は誰もができる治療ではないと勝手に思い込んでいた、明日からは自信を持って臨める」など、参加いただいた方からは高い評価をいただきました。

次回は福岡では11/10、宇都宮(鹿沼)では11/17に開催を予定しています。詳細はHPをご覧ください。

セミナー・講演会案内

 

8/29(木)第19回「北欧歯科の抄読会」を行いました。

8/29木曜日、博多駅まえ会議室にて20名程度の歯科医師が参加のもと、「北欧歯科の抄読会」を行いました。この抄読会は北欧歯科の歯科医師が若手歯科医師を対象に、主に歯周病学、う蝕学(カリオリロジー)、予防歯科学の臨床に直結した論文を解説するというセミナーです。

今回はカリオロジーについては「う蝕と砂糖」の関係に関する論文を抄読、解説しました。1970年代からスウェーデンを中心に訪れるう蝕の減少時代は「何による」か、それがよくわかる内容でした。

歯周病学分野については、親知らずの抜歯の際に、親知らずの根が神経に近すぎる時など、歯を全部抜かずに頭のところだけ抜歯する手法をcoronectomyと言います。臨床的に時に行われる手法でしたが、近年エビデンスの光があたり、その成功率や基本的な手法などについて明らかになって来ています。

今回からは、オンラインにて遠くの地域でお住まいの先生方への配信も始まりました。8月と9月については実験段階ですが、10月から、ご希望の先生にはオンラインにてご参加いただけます。

8/4(日)若い歯科医師、歯科学生のための予防歯科セミナーを開催しました。

8/4(日)福岡市中央区天神にて、デンツプライシロナ様に会場をご提供いただき、鹿児島、大分、岡山、広島、福岡ほか全国からいらした25名超の歯科学生および卒後5年以内の歯科医師に対し「若い歯科医師のためのOral Physicianセミナー」を行いました。これは私たちの師である熊谷崇歯科医師が山形県酒田市の日吉歯科診療所で行なっているセミナーの福岡版です。

当院の三人の歯科医師と北九州市で開業されている芳賀剛先生の合計4名が講師を務め下記について講演を行いました。

  • 歯科医療に必要な変革と方法(加藤大明)
  • 0歳-20歳までの成長期の歯科医療(加藤有美)
  • 予防型診療所の成長と発展(芳賀剛)
  • 海外で歯科医療を学ぶということ(加藤雄大)
  • 専門医との連携(スウェーデンの事例)(加藤雄大)

日頃、一生懸命に歯科の治療を学んでいる若い歯科医師の先生方からは、

「考えさせられることがたくさんあった」「原点に戻った気がする。」「昨日のセミナーは歯科医師人生でかけがけのないものになると思う。」「常に予防の視点を持って臨みたい」「日頃から感じていた日本の歯科医療の疑問が解けた」「未来のために尽力されている先生方の様子に胸が熱くなった。」他、多くの好評の声をいただきました。

本講演会は、当院の社会貢献活動の一環として無料で開催しており、次回は2/2(日)に開催いたします(定員20名)。すでに10名を超える方にお申し込みをいただいていますので、参加をご希望の方は下記サイトをご参照の上、お早めにお申し込みください。い。http://www.hokuohshika.com/medicalseminar/#se01