当院の感染対策について

当院では、「すべての患者の血液、体液、分泌物などは感染する危険性があるものとして取り扱わなければならない」という米国の疾病管理予防センターの提唱・考え方に基づいて、常に感染対策を行っています。

ハンドピースと呼ばれる歯を削る道具を含む、患者さんの唾液や血液が付着する可能性のある器具は、ディスポーザブル、あるいは日本より厳しいヨーロッパ基準の滅菌器にて滅菌されたものを患者さんごとに交換して使用しています。

また、全ての診療室は個室になっており、隣の患者さんの唾液や血液の飛沫が届くことはありません。