1/16(日)第23回論文抄読会を行いました。

本年、最初の論文抄読会をおこないました。

むし歯分野については、12月に引き続き、乳歯のむし歯の治療に関するRCT(無作為化比較試験)を抄読しました。従来型の「削る、詰める」以外の多様なむし歯治療の方法でも予後が良好なことを確認しました。当院では患者さん、保護者の方の希望、キャラクーや歯の状態にあった治療法を豊富な選択肢の中から、小児担当の歯科医師が患者さん、保護者にご提案します。

歯周病分野については、昨年12月にご逝去されたペールアクセルソン先生への追悼として、アクセルソン先生の関連論文を改めて抄読、解説致しました。

ペールアクセルソン先生のご冥福をお祈りいたします。