11/10、17、国内2ヶ所にて「現代の歯周病治療と予防の重要点」について、歯科医療関係者に対し、加藤雄大歯科医師が講演いたしました。

スウェーデン歯周・インプラント専門医である加藤雄大歯科医師が、博多駅前会議室および株式会社ナカニシ本社ホールにて、「歯科医院1Day DHレベルアップセミナー ~結果の出る、歯周基本治療編~」を行いました。

スカンジナビアプローチと呼ばれるスウェーデンを中心とした北欧諸国で行われている歯科医療の考え方や、最新のエビデンスに基づけば、初期-中等度の歯周病の治療や予防は非常にシンプルな手法で行うことができ、特殊な技術や道具が必要なわけではありません(もちろん訓練された技術を否定するものでもありませんし、道具はより手技を簡単にしてくれます)。

そういった基本的な現代の歯周治療の考え方、取り組み方法を歯科衛生士、歯科医師に1日かけて解説しました。

多くの参加者から、「頭が整理された」「うちの医院のペリオを見直す機会となった」「歯周治療は誰もができる治療ではないと勝手に思い込んでいた、明日からは自信を持って臨める」など、参加いただいた方からは高い評価をいただきました。