10/5(土)加藤大明歯科医師が熊谷崇先生主催の予防歯科の学会にてシンポジウムに登壇しました。

10/5(土)山形県酒田市の希望ホールにて行われた、熊谷崇先生(山形県酒田市、医療法人社団日吉歯科診療所理事長)主宰の予防歯科に関する大規模な学会において、加藤大明歯科医師が「Compression of morbidity:歯科における私たちの取り組み」と題して、歯科医療における健康寿命の延伸の取り組みについてお話をさせていただくとともに、その後のディスカッションに登壇しました。これは「人口減少・少子高齢化社会における歯科診療所の役割・取り組み」というタイトルのシンポジウムとして開催されたものです。