8/4(日)若い歯科医師、歯科学生のための予防歯科セミナーを開催しました。

8/4(日)福岡市中央区天神にて、デンツプライシロナ様に会場をご提供いただき、鹿児島、大分、岡山、広島、福岡ほか全国からいらした25名超の歯科学生および卒後5年以内の歯科医師に対し「若い歯科医師のためのOral Physicianセミナー」を行いました。これは私たちの師である熊谷崇歯科医師が山形県酒田市の日吉歯科診療所で行なっているセミナーの福岡版です。

当院の三人の歯科医師と北九州市で開業されている芳賀剛先生の合計4名が講師を務め下記について講演を行いました。

  • 歯科医療に必要な変革と方法(加藤大明)
  • 0歳-20歳までの成長期の歯科医療(加藤有美)
  • 予防型診療所の成長と発展(芳賀剛)
  • 海外で歯科医療を学ぶということ(加藤雄大)
  • 専門医との連携(スウェーデンの事例)(加藤雄大)

日頃、一生懸命に歯科の治療を学んでいる若い歯科医師の先生方からは、

「考えさせられることがたくさんあった」「原点に戻った気がする。」「昨日のセミナーは歯科医師人生でかけがけのないものになると思う。」「常に予防の視点を持って臨みたい」「日頃から感じていた日本の歯科医療の疑問が解けた」「未来のために尽力されている先生方の様子に胸が熱くなった。」他、多くの好評の声をいただきました。

本講演会は、当院の社会貢献活動の一環として無料で開催しており、次回は2/2(日)に開催いたします(定員20名)。すでに10名を超える方にお申し込みをいただいていますので、参加をご希望の方は下記サイトをご参照の上、お早めにお申し込みください。い。http://www.hokuohshika.com/medicalseminar/#se01