4/7スウェーデンの歯周病専門医Gunnar Heden先生の講演に参加しました。

4/7に当院の歯周病インプラント専門医である加藤雄大歯科医師が大阪で”歯周再生療法のアップデート”という演題のセミナーに参加しました。

講師のスウェーデンの歯周病専門医Gunnar Heden先生は歯周病によって失ってしまった骨を再生するエムドゲインという材料の臨床研究の先駆者であり、数多くの論文を発表しています。

セミナーでは、歯周病が原因で骨を失い、数年で抜け落ちてしまいそうな状態の歯を、エムドゲインを用いて再生療法を行い、20年以上維持させることができた症例を見せていただき、その術式、科学的背景とも当院で行われている再生療法と同一であることを確認いたしました。

歯の周りの骨や歯ぐきの再生療法の成功率は、「歯科医師の正しい知識や治療技術に加え、患者さんのブラッシングの質、その歯や周囲の骨の形態」により変わりますが、獲得できた治療結果を20年以上にわたって維持するためには、自身の歯科衛生士に通う習慣を作ることが最も重要なことです。当院は、今後も歯周組織の再生療法に加え、担当歯科衛生士によるメインテナンスを提供します。