3/6鹿児島大学歯学部インプラント科(口腔顔面補綴学科)にて講演を行いました。

3/6(水曜日)、当院の歯周病インプラント専門医である加藤雄大歯科医師が鹿児島大学歯学部インプラント科にお招きいただき講演を行いました。

大学医局員、開業医の先生方に対してお話しいたしました。

インプラント発祥の地、スウェーデンではインプラントが多くの患者さんに義歯を超える噛む喜びを享受している一方、インプラントが入っている患者さんの28%がインプラントの歯周病ともいえるインプラント周囲炎に悩まされています。しかし、日本ではこの病気について、専門的にも社会的にもいまだ十分に認知されていると言い難い状況です。当院の歯周病インプラント専門医はスウェーデン留学時代にこの病気について治療を行う機会が多かったため、「インプラント周囲病変の新たな分類を軸に考えるインプラント周囲病変の診査と診断」というタイトルで、この病気の基本的な考え方、予防方法、治療方法などについて、主にインプラントを専門に治療されている先生方に対しお話ししました。